日記以上にはなりません。




新年度開始の耐え難い緊張感。桜の記憶はずっとそれだった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する