FC2ブログ
twitterログです。
歴史は繰り返す
懐かしのユニバー


結果がどうなるか、
「時が証明」するまで待たねばならない。

しかも、時が過ぎ、
証明されたはずのその「結果」も、
永遠ではなく通過点に過ぎないというのが世の常。

平家物語や方丈記が「普遍」になるよなぁ。

当たらずとも遠からず…。


93 :U-名無しさん:2007/08/17(金) 01:23:51

柏と神戸は昨年若手を育てながら昇格した。緑だけが継接ぎだらけの場当たり的
補強で降格3チーム中唯一1年での再昇格を逃した。
横浜FCはなんだか説明し難い引き篭もり堅守がハマりにハマって勢いで昇格したが
哀しいかな戦力的基盤はJ2中~下位のままで、補強にも失敗しあの有様。
チームの基礎をしっかり作り上げることに主眼を置くクラブでなければ昇格しても
エレベータークラブにしか成り得ないだろうね。


桜は一番若手主体に切り替えたが、中堅選手出しすぎ、外国人が微妙では
速攻斬られた津波が不憫。というか津波を選ぶフロントが? か。
今年昇格できなかった時自慢の「U-代表」たちが残るか、サポは辛抱できるか。
もしフロントが本当に目覚めたのであれば、J1復帰後定着路線の希望アリだが。

福岡は昨年一度継続性が途切れかけたが癌の長谷川勝を切ってなんとか
現場崩壊には至らず、前任の遺産で戦っている印象。今は外国人を適切に加え
昇格に絡んでいるが、そもそも「遺産」たちの伸び代があとどこまであるか&
リティに新世代育成力があるか。そして昇格失敗の場合サポがチームを壊(ry

緑と京都はもう若手を育てる気無しとしか。昇格した先に楽しみがあるのか?こんなの。
昇格しようがしまいが、オフにはまた継ぎ接ぎ大補強でらスレを賑わすだろう。
主軸補強を一つ外したりすればたちまち、ベテラン劣化、若手は頼りなく、と
横浜と同じ道を辿りエレベーターでお帰りなさいだな。監督も不安。

札幌は一度大胆な刷新を図ってから時間を掛けてここまでチームを作ってきた。
主軸に自前の若手選手も多いし監督の実績力量もJ1下位まではいけるであろうもの。
後は昇格後の戦力補強で大きな失敗がなければエレベータークラブ化は避けられる
かもしれない。今期のJ1下位6クラブぐらいがヨタヨタしていてそのうち3つしか
落ちないのだから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する