FC2ブログ
twitterログです。
“トータルフットボール”
はなみずき

おおっ!同じ誕生日の人が!

クライフの還暦を4月25日に控え、オランダのサッカーファンによるアンケートが行われ、「クライフ語録」のナンバーワンが決まった。1位に輝いたのは、「どんな欠点にも長所がある」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000025-spnavi-socc


ヨハン・クライフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95

オランダが誇る名将、リヌス・ミケルスが提唱した革命的な組織戦術・通称「トータルフットボール」の最高の体現者として知られる。11人の中央のポジション、文字通り「心臓部」に位置し、俊足と当たり負けしない抜群のバランス感覚、卓越した華麗なテクニック、試合の流れを読む洞察力、そしてミケルスの意思を具現化する戦術理解力と、選手として全てにおいて秀でていた。試合中はフィールドの指揮官としてチームを牽引し、状況に応じてフォワードから最後尾まで至るところに顔を出す。ゲームメイクからラストパスの供給、フィニッシュまでひとりでこなしてしまうオールマイティプレイヤー。ミケルス監督とは1965年のアヤックス時代から、FCバルセロナ、そしてオランダ代表でも共に戦っており、ミケルスの戦術の中で唯一無二の存在として君臨した。特徴的なプレーとしては、軸足の後ろ側にボールを通す「クライフ・ターン」が有名。現代サッカーでは基本テクニックのひとつとして各クラブの下部組織などで少年たちに教えられている。ちなみに、ジネディーヌ・ジダンの「マルセイユ・ルーレット」と混同されがちだが、全く異なる技である。またワンタッチプレーを好み、独特のタイミングで放つパスやシュートで相手選手を翻弄した。1974年のワールドカップ西ドイツ大会、対ブラジル代表戦で魅せたジャンピングボレーシュートは、後の「フライング・ダッチマン」の愛称に繋がっている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する