FC2ブログ
twitterログです。
繋がっているものは


大学時代、前期か後期か忘れたが、
ある科目の試験中、試験監督担当の教授から、
「きみがそうか」と、声をかけられたことがある。

講義を受けていた広告論の教授で、
私の解答用紙の氏名欄を見た時だった。


その方面への就職を目指していた私にとって、
実務に即した彼の講義は、毎回とても興味深かった。

さして深い意味はなかったとは思いつつも、
あの講義をとっている、数多い学生のなかで、
名前を覚えていてくれたことは素直に嬉しかった。
別の試験中ながら(汗)、ふと理由を考えた。



当時(1985年)、
安全地帯の玉置浩二と、
女優の石原真理子は噂になっていた。

そんな時、その安全地帯の曲をBGにして、
石原真理子を使った音響メーカーのCMがあった。
ビクターのビデオデッキ、だっただろうか。

上記の教授の講義で、
このCMを、TVオンエア前に学生に見せ、
感想を書かせるという日があった。

彷徨うような漂うような…
CMのなかの彼女の雰囲気は幻想的で、
安全地帯のその曲と、とても合っていた。

どちらのファンでもなかったが、
話題をうまく利用して、かつ、いい映像を作るとは、
このCMのスタッフ、なかなかやるなぁと思った。

そして、玉置浩二と石原真理子は、
やはりどこかで合うところがあるんだろうなと思った。

そして、思ったところを感想として書いた。

否定的なイメージを持つ人が多いなか、
そのときに書いたことが、どこか印象に残っていて
名前と顔が(初めて(笑))一致したあのとき、
教授はふと声をかけてくれたのはないか。
何の根拠もないが、私は勝手にそう思っている。

そして、さらに何の自信も根拠もなく(汗)、
その方面に向かっての、無謀な就職活動を、
あのとき、最終的に心に決めたような気もする。


『玉置浩二と石原真理子が“復縁”』
の報道に、一人しみじみする早春の一日。

文明の利器、インターネットで調べてみたら、
どうやら「Yのテンション」というタイトルらしい。


安全地帯 - Yのテンション
http://www.youtube.com/watch?v=DUMjWg0PC-4