FC2ブログ
twitterログです。
さよならだけが人生ならば




最終戦、試合後のセレモニー。
松田さんの挨拶の時の、大久保の表情が印象に残った。


試合内容自体は、監督が誰になっても、
クリアすべき課題が山積しているように感じた。



2週間ぶりの福岡はすっかりクリスマスの街になっていた。



☆お借りいたします

ファイナルセレモニー(場内一周)
http://jp.youtube.com/watch?v=B7gpbZPSDSI
現実的には
PC020021.jpg

谷山浩子 - 河のほとりに
http://jp.youtube.com/watch?v=6OLpbBGD6G0&feature=related

PC020023.jpg

生きていくために獲物を狙っているわけで。

2008年12月4日 巴川@清水にて
ずっと忘れない言葉


【J1:第9節】福岡 vs 新潟:松田浩監督(福岡)記者会見コメント
4月23日(日) 2006 J1リーグ戦 第9節
福岡 2 - 0 新潟 (15:05/博多球/8,667人)
得点者:'41 グラウシオ(福岡)、'89 アレックス(福岡)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00032212.html

Q:リーグ戦9試合目での初勝利ですが、長かったですか?

「そんなに長いというふうには思ってなかったですね。
もちろん、早く勝利を挙げたかったですけれど、
そういうことは必要以上に意識はしていませんでした。
このサッカーをやっている以上、勝利は来ると思っていました。
ただ、一番怖かったのは結果が出ないことで、
このサッカーを続けられなくなること。

そうすると、本当に初勝利というものが遠くなるので、
それだけが気になっていました」





自分が同じ思いであることを再認識した瞬間。
このときのことは、今でも鮮明に記憶している。


清水に生まれ育った者にとって、
小さい頃から身近にあったサッカー。

そのサッカーに、自分が求めている、
自分が求めていきたい“面白さ”がそこにあった。

たとえどの地であっても、
このサッカースタイルの、完成までの過程を、
どんなかたちであれ、必ず見届けたいと思ってきた。

この日本で、
このJリーグのシステムのなかで、
それが叶う日は来るのだろうか。
もう夢は急がされている


帰れない“自分”を残して

井上陽水&安全地帯 - 帰れない二人 
http://jp.youtube.com/watch?v=_lM_mheH_2g


福岡で見ることが叶わなかった、
“あのサッカー”の行き着く先を、
神戸でも見ることができなくなった。

それが本当に残念。
今昔併せていうならば


「もったいないお化けが出るぞ~」

だろうか。

そのクラブクラブの事情があるから、
部外者が一概には言えないのは承知している。

同じ思いの人も多いと思うが、
結局は、「時が証明するのを待つ」しかない。


しかし、このことに限らずだが、
賭けに出て、そして、その賭けに敗れた者は、
そのツケを必ず払わねばならないのは世の常だ。

さて、どうでますか。



神戸が松田監督を解任、続投から方針転換
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20081204-436614.html


一本釣りかつお@7-11


味は、うーんどうでしょう。
いつものかつおと変わらないかも。
なんでもありってことで


駅前銀座の久松にて



同じく駅前銀座の天神屋にて

清水駅前銀座商店街
http://www.siz-sba.or.jp/eggs/index.html

アビスパ福岡を本気で救おうとしてくれた男


現場でも何度も見たけれど、
ブラウン管越しのこの表情が気に入っている。

抱えきれないたくさんの感謝の思いと、
これからの人生に幸多からんことを切に祈ります。

ヌノさん、本当にありがとう。

今日の三保
今こそ足場をしっかりと