FC2ブログ
twitterログです。
思い残すことのないように、は難しい。
ゆすらうめ

個人的に5月にはいろいろな思い出があります。
それぞれの思い出の発生年月日は何十年にも渡っていて、
さらに、その個々の思い出に関して思いを抱えたまま、
現在に至っています。

縦走横断で、混乱しそうだけれど、しませんよ~(笑)。

先日、そのひとつを“更新”する機会を得ました。
でも、思い残すことのないよう、とは全然いかなかった(笑)。

その種の思い出ばかりであるからこそですが(笑)。

その最終更新日時から時が経てば経つほど、
生きている限り、思いを抱えたままであることを、
あらためて痛感する毎日です。

心の奥底にあって、折に触れて浮上してくる。

その相手に、この思いに、
どれだけ言葉を尽くしても尽くしきれない。
あれもこれもと、とめどなく出てきます。

どんな言葉をおけばこの思いを説明できるだろう。
“切ない”、“懐かしい”、“感謝の思い”
うーん、どれも合っていてどれも違うような…。

5月は、仕事から足を洗った月wでもあります。
ふたたび何かを始める時は、6月1日にしようと、
この9年間、自分では勝手にずっと思っている(笑)。

私にとって、5月の後半というのは、
春休みのような、そんな感じなのかもしれません。

最後の春休み 松任谷由実 歌詞情報 - goo 音楽
これもまた歴史の通過点
祝・通過点

【5.15 ハッピーバースデー!Jリーグ】
懐かしの出来事をLet's VOTE !!

http://www.jsgoal.jp/vote/?s=260

“全国に10クラブしかなかった”

オリジナル10。
企業を母体に持たない清水が、
その1つとして選ばれたときは、
嬉しくもありこそばゆくもあり光栄でもあった。

懐かしいと振り返ることのできる、
14年という月日を経ての今年、2007年。

まだまだ、Will Be
二十歳の頃のように
旅の途中

ちと、なんともパワー不足感否めなし…。
ぜんまいざむらいの必笑だんご剣を受けねば(笑)。

#1 Hits of 1983
http://www.youtube.com/watch?v=OjAF3mVhpT0
スタジアムに行こう!
ひと目出逢った

その日から

恋の花咲くことは…

ショッパーズ福岡店@天神北にて。

スカパー!の回し者ではございませぬが…。

勝敗関係なく、カテゴリー関係なく、
スタジアムで観戦ってやっぱりいいのよ、これが。
騙されたと思ってもいいから(笑)来てください。
感傷的と言われてもB級と言われても
くちなしのつぼみ

私が新卒で入った会社には、
業種柄、変わった福利厚生制度があった。

それは、映画・演劇・コンサート・美術展・写真展など、
1作品1回に限り、1,000円まで補助を出すというもの。

そのおかげで、22歳11ヶ月から25歳10ヶ月まで、
(期間にしてしまえば短いようにも感じるけれど)
本当に多くの作品と接する機会を持つことができた。

音楽はずっと以前から好きで聴いていたし、
スポーツもわりと興味を持って観ていたけれど、
映画演劇写真絵画に関しては、@東京だったこともあり、
今でも“このとき”がベースになっているような気がする。

結局2年10ヶ月で退社したが、
人との出会いも含めて、大変感謝している。

君がいた夏(1988) - goo 映画
今でも時折見たくなる作品のひとつ。

特にこの2つのシーンが印象的だった。

Music from movie Stealing Home clip 3/4
http://www.youtube.com/watch?v=VQ9de9KLvVg
Music from movie Stealing Home clip 4/4
http://www.youtube.com/watch?v=IJYcLdHj3SQ

感傷的だと言われても、B級だと言われても、
好みというのは、なかなか説明できないものです。

こないだの帰りの新幹線で、
涙がこぼれそうになったのは内緒だ(笑)。
いや、正直、涙がとめどなく溢れました。
誰にも見られてないとは思うけれど…。