FC2ブログ
twitterログです。
スタジアムに行こう!
ひと目出逢った

その日から

恋の花咲くことは…

ショッパーズ福岡店@天神北にて。

スカパー!の回し者ではございませぬが…。

勝敗関係なく、カテゴリー関係なく、
スタジアムで観戦ってやっぱりいいのよ、これが。
騙されたと思ってもいいから(笑)来てください。
感傷的と言われてもB級と言われても
くちなしのつぼみ

私が新卒で入った会社には、
業種柄、変わった福利厚生制度があった。

それは、映画・演劇・コンサート・美術展・写真展など、
1作品1回に限り、1,000円まで補助を出すというもの。

そのおかげで、22歳11ヶ月から25歳10ヶ月まで、
(期間にしてしまえば短いようにも感じるけれど)
本当に多くの作品と接する機会を持つことができた。

音楽はずっと以前から好きで聴いていたし、
スポーツもわりと興味を持って観ていたけれど、
映画演劇写真絵画に関しては、@東京だったこともあり、
今でも“このとき”がベースになっているような気がする。

結局2年10ヶ月で退社したが、
人との出会いも含めて、大変感謝している。

君がいた夏(1988) - goo 映画
今でも時折見たくなる作品のひとつ。

特にこの2つのシーンが印象的だった。

Music from movie Stealing Home clip 3/4
http://www.youtube.com/watch?v=VQ9de9KLvVg
Music from movie Stealing Home clip 4/4
http://www.youtube.com/watch?v=IJYcLdHj3SQ

感傷的だと言われても、B級だと言われても、
好みというのは、なかなか説明できないものです。

こないだの帰りの新幹線で、
涙がこぼれそうになったのは内緒だ(笑)。
いや、正直、涙がとめどなく溢れました。
誰にも見られてないとは思うけれど…。
“キミのハートよ位置につけ”
2004.06.20モンテディオ山形vsアビスパ福岡@八橋

2004.06.20モンテディオ山形vsアビスパ福岡@八橋

2004年、弘前の片山りんご園に立ち寄ったときのことは、
常にこの試合とセットで思い出す(経由なので当然だがw)。

あのときの看板が今年なんだと思うと、
何度も見返したこの画像があらためて感慨深い。

何か1つのことに向かって準備するためには、
時間的にも気持ち的にも、持続・継続を要する。

今は(今もまた)位置につくまでの我慢のとき、なのだろうか。

秋田わか杉国体
http://www.pref.akita.jp/kokutai/

バリウム&緩下剤の影響もようやく落ち着いてきたので、
甲府vs川崎@小瀬onスカパー!(再)まもまくキックオフ。
はくばくの麦茶を飲みながら、じっくり拝見します。
ヤタガラスのように
思いを馳せるカラス

ハイリハイリフレハイリホー(ハハハ)
ハイリハイリフレホッホー(大きくなれよ)♪
(古…。それに身長はもう大きいけどw)

ええ、向かって右の人です。ずっと期待してるですよ。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/05/13/05.html
この試合の意味は
2007.05.13 アビスパ福岡vs京都サンガ@博多の森

アビスパ福岡のゴールを狙うカメラマン。
前半2回もありましたね。逆もあったけど。

2007.05.13 アビスパ福岡vs京都サンガ@博多の森

2007.05.13 アビスパ福岡vs京都サンガ@博多の森


2007.05.13 アビスパ福岡vs京都サンガ@博多の森

今日の試合、細部について、いろいろ言うことはできる。
しかし、今日の試合限定のことも確かにある。

ディフェンスに拘る者としては、
そこに決まり事が見えないのがどうしても気になる。
これに関しては、今日に限らず今までもだが…。


アビスパ福岡の試合に関して、
以前のように、過度に(笑)一喜一憂しなくなったのは、
当該試合の意味を時が証明するのを待つと決めたゆえ。

まぁ、生きているといろいろなことがある。
でも、どういう証明結果になろうとも“泣かない”by桃子w
“種別”しきれない気持ち
母の日向けの花

アジサイもずいぶんと色形の種類が増えた。
昔は「赤,青,ガク」だけだったような気がする。

そういえば、バラもそうだ。

今日、妹と日本平に行ったであろう私の母は、
昔から、バラが好きだった。
(あー豪華系好きかなぁ?菖蒲とかも好きだから大輪系好きか?)

明日は母の日。

Bette Midler - The Rose
http://www.youtube.com/watch?v=JYWAYLZWZBg
Feels like the first time
守備

1977年のヒット曲。
14歳で遭遇したとき、曲名通り新鮮だった。
邦題は「衝撃のファーストタイム」でしたね。

Foreigner - Feels like the first time
http://www.youtube.com/watch?v=CrTN7Kcayl4
若手の成長
噂の彼

若手の成長っていうのはいいなぁ。
見ていてワクワクする大事な要素の1つだ。

同時に、
Jのクラブというものが、
この先数年で終わらないことが前提としてある以上、
J1であるかJ2であるかに関わらず、
若手の成長が常時見えてこないのはキツイ。

後ろ姿の彼は18歳。
http://osaka.nikkansports.com/soccer/jleague/p-oj-tp0-20070507-195157.html
クローンの運命
ソメイヨシノの“実”

この季節になるといつも、
ソメイヨシノの実をさがしてしまう。

人の力が、いかに強く、
そして儚いものであるか。

サッカーに関してもまた同じ。
休むことは、絶やすことでもある。

これからに期待する存在
母の日近し

白い猫は母でした。
少なくとも2匹の子猫を連れていました。
たくましく生き抜いていけよ~。

色付き始めたビワ

あっという間に5月も中旬。

ナビスコ関連検索してたら…。
サンフレッチェ広島オフィシャル会報誌「アシスト2007春号」発行のご案内 
http://www.jsgoal.jp/club/00048000/00048267.html

個人的には、●インタビュー“あの頃、僕は”駒野友一 物語
などを、読んでみたいものです。いや、駒野いいのよ、すごく効いてるし。


ここでも購入できるようですなー。
http://www.rakuten.co.jp/e-vpoint/618951/
明日は何処の空の下
ここにもサッカーあり

人とも土地とも一期一会。
今このときが最後。そう思いながら今を生きる。
It's Too Late
バンペイユの花

近くの家の庭で、
バンペイユの花が咲いている。
なかなか肉厚で大きな花。

大きさ比較

障害物が多いですが(汗)、
偶然あったセミの抜け殻と大きさ比較。

からだが夏シフトに切り替わらず、
今からかなり苦戦しそうな予感の2007年。
要チェックや
ドクターイエロー

オレンジとの色合いがなかなかw

新大阪から帰路に着く。
のぞみ自由席は意外と混んでいて、
車内は蒸し暑かった。

勝てば続投、負ければ解任。
どこぞのJのチームのみならず、
この国は意外と単純にできている。
ここは大阪
児玉@清水エスパルス

フェルナンジーニョ、西澤、そして児玉。

当地大阪に縁のある選手には、
地元からも熱い応援者が来ていた。

三人とも声援に応えながら、
嬉しそうな懐かしそうな表情をしていた。
動悸頻繁で
はぁ…

臥せってます…。今日のは長いのが多い…。
こどもの日に、“すっかり大人”を自覚中です。

明日は万博。事故でなくなったかたにご冥福を。
故きを温ねて新しきを知る
2004.05.05 vs湘南ベルマーレ@博多の森

1978年の曲。
もちろんオンタイムで知っています。ははは。

ドナ・サマーと言えば、多くの曲がありますが、
個人的には、この曲が一番好きかもしれません。
下記youtubeでは、カラオケ風に歌詞が表示されるので、
しみじみしながらも、なにくそパワーwをもらえて、
ちょっと嬉しくなります。単純なものだ…。

Donna Summer = Mac Arthur Park
http://www.youtube.com/watch?v=vv888ewUII8
You're my shining star
縁起物

1980年のヒット。

17歳のとき、いろいろあって、
アメリカ西海岸に3週間ほど滞在していた。
フリーウェイを走っているバスの中で、
FMから流れていたこの曲をよく聴いた。
おそらくは一生で一度の外国旅行。

あの頃、悩みは果てなく思えたけれど、
今もこうして生きているところをみると、
なんとかなることもあるよなぁと思う。

輝きの季節。友人からの縁起物到着。
少し遅れましたが、縁起物を縁起担ぎ。

The Manhattans - Shining Star
http://www.youtube.com/watch?v=C_VpjSv_4QM
どこからも どこへでも
JR博多駅中央口

本格的にごったかえすのは明日あたりか。

博多駅
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E9%A7%85


東京へも長崎へも“どこへでも行ける”

東海道&山陽新幹線の“ターミナル”、
あの『博多駅』がこんな身近になるとは…。
明日明後日辺り、ふらっと行ったら、
帰省ラッシュの全国ニュースに出てしまいそう…。

あ、明後日行くぞ…。
新幹線乗るし…。
松ならばいざ知らず
花も“色々”

雪ふりて年のくれぬる時にこそつゐにもみぢぬ松もみえけれ
(よみ人知らず 古今和歌集)
雪が降って寒くなり年も暮れてしまう時になってはじめて、
いかなる風雪にも堪えて最後まで色を変えなかった松のすばらしさもわかるのである。



路線バスには普通にどんたくに向かう集団が(笑)。
「どんたくには雨」の通り、降ったり止んだりの空模様。

現在、仙台vs京都@スカパー!観戦中。

今日の天候のように、完全にはすっきりしないけれど、
それでも、まぁもう少しかなと思う、みどりの日です。

体調はますますすっきりしなくなっていくでしょうが(汗)、
その分、サッカーに関しては少し整理整理(笑)。
こんなことは今までなかった(いやここのところあった…)
2007.05.03 アビスパ福岡vs湘南ベルマーレ@博多の森

2007.05.03 アビスパ福岡vs湘南ベルマーレ@博多の森

2007.05.03 アビスパ福岡vs湘南ベルマーレ@博多の森

問うに落ちず語るに落ちる。


入場者数の少なさが気になりつつ。
森林浴には少し暑かった博多の森でした。
参加してこそ…
つばめレディ

どんたく、始まりました。
しかし、家にいるとあまり影響はなし…。
AMラジオがすっかりどんたく付いてます(笑)。

体調不良よくなし…日差しに負けそう。
リキ入れて博多の森へGOだ!…。
ああむっと(笑)
アジサイのつぼみ

八十八夜。満月。

半袖の人も多く見かけた今日。
私も屋内ではすっかりTシャツとなりました。
まだ5月2日なのになぁ…。

明日の博多の森も、新緑がむっときそう(笑)。
木々の白系の小花も、一瞬ならいい香り~でも、
大量でずっとだと、かなり強烈な匂いになります。

こんな曲を聴きながら、
神妙にいろいろ考えたい試合前も、
“むっ”にはかなわないかもなー(笑)。

“五月の別れ 井上陽水”
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_1.php?ID=13286
Don't Look Back
2006.05.03vs川崎フロンターレ@博多の森

2006年5月3日なんて、ついこないださっ(笑)。

Boston - Don't Look Back
http://www.youtube.com/watch?v=KiOqHLVxZvA

1978年のヒット。

ボストンしか成し得ないだろうボストンらしさに、
中学生だった私は、すっかり圧倒された記憶がある。

歌詞全てがわかるわけではなかったけれど、
Don't look back”と歌い方とメロディラインから想像される、
その流れで概ね大丈夫だったと思う(笑)。

Don't look back a new day is breakin'
It's been too long since I felt this way


ヴォーカル、ブラッド・デルプ氏、2007年3月9日死去。

もうLIVEでは聞くことができないが、
こうしてyoutubeで聞いているだけで、
独特なギターの音から、そしてあの頃の自分から、
今でも力をもらうことができる。

そんな力のある曲のひとつ。
富士山>鯉のぼり>甍&雲@高さ比べ
羽衣あられ(byブルボン@柏崎)

ブルボン@柏崎、由比町、羽衣、富士山、安藤広重。
由比町 富士山ライブカメラ
http://yuicho.bz/move.php

個人的には、葛飾北斎が好きで、
以前、小布施の北斎館にも行きました。
画に“緊張”のようなものがあるのがいいなと。
http://www.book-navi.com/hokusai/hokusai.html

安藤広重と葛飾北斎に描かれた富士山。
ライブカメラでも見られる時代となりました。

今日から5月。

富士山ビューシステム
http://www.pref.shizuoka.jp/~live/index.html