FC2ブログ
twitterログです。
あー勝沢先生だ…
フォルクスじゃなくて(汗)太宰府天満宮の牛

放課後、下駄箱付近で箒を持って掃除をしていた勝沢先生に、
「さようなら」と言ったら、「さようなら」と笑顔で言われたことが、
まるで昨日のことのようです。(実際は26年ぐらい前(笑))。

当時、監督をしていたサッカー部の部員のみならず、
体育の授業を受け持たれた男子にも怖がられていたっけ…。

体育の教師は他の教科以上に舐められがちだったけど、
朝礼で勝沢先生が壇上に立つと生徒たちが彼を注視したのは、
それだけの“迫力”があったからかもしれません。

サッカー部員の学力に関しても、
よく苦言を呈しておられました…。

現在の仙台には、ウンウンと頷いているかも…。
あ、清水では「ダイヤはやめろ」と言ってくれるかも…w



(株)エスパルス顧問に勝澤要氏 就任のお知らせ
http://www.s-pulse.co.jp/news/20070430-175.html

当時の勝沢先生は、今の私ぐらいだったのか…。ううむ…。
チロルとパスコとオールコートディフェンスと
やります、チロル!


福岡ではパスコのパンは扱っていないので、
前回の帰省の際に遭遇したこの懸賞への“参加”を、
家族に無理強いしたのは私です(笑)。
http://www.pasconet.co.jp/campaign/index.html

バスケットでは、やはり(笑)、
オールコートディフェンス、好きです。
ディフェンスリバウンドを取るのも大事だけど、
シュートの精度も上がっていますからね。

超余談(無駄話か?)ですが、
左手はそえるだけ』と、『男はだまって4バック』は、
私にとって鉄則です(笑)。


4月も今日で終わり。
明日から5月。母の日もやってきます。
ロンド オフコース 歌詞情報 - goo 音楽
顔と名前と(ポジションとプレイスタイル)が一致してきたら
2007.04.29サガン鳥栖vs東京ヴェルディ1969@鳥栖スタ

それが全ての始まり。
1人が2人に、2人が3人になっていくものです(笑)。

アビスパ福岡にはまった最初のきっかけは、
博多の森で右SBの平島という選手のプレイを見たとき。
U-19の候補選手と知り、ウンウンそうだよなと思いました。


しかし、1人が2人にならないときも往々にしてあります。

選手たちから(意図された)戦術が感じられない。
その戦術をベースにした上での、それを超えたなにかが感じられない。

個々の選手が同じものを前提にしたハードワークをしていない。
そのハードワークの結果としての、有機的な連動が感じられない。

個人的にはこれが最も大きな理由です。

これができている時間帯が長ければ長いほど、
それに関わっている選手全員が気になってきますので(笑)。


逆に(あくまで私が)これを感じるチームであれば、
きっかけ次第で、気になるチームになる、とも言える。

J2では、山形・仙台・札幌、
J1では、新潟・神戸・川崎。

今やアウェイの試合も、スカパー!で見ることができる。
選択肢の多いなか、見てみたくなるチームはこの辺りです。


戦術はいろいろあっていい。
違った戦術の相手に勝つというのも、
また格別の喜びでもあります。


戦術=監督。

三浦さん、鈴木淳さん、松田さん、関塚さんは、
基本的にJ2時代、大宮、山形、福岡、川崎の頃から、
気になっている監督さんでもあります。

私にとっては、それが永く続く“きっかけ”となりました。