FC2ブログ
twitterログです。
今夜の懐かしの一曲
花吹雪のあと

こんな夜に聴きたくなる曲はたくさんありますが、
マッキーこと槇原敬之に続いて、ドン・ヘンリー。

Don Henley
http://www009.upp.so-net.ne.jp/wcr/dhenley.html

ソロになってからの彼の曲を聴いていると、
季節の終わりのような、何らかの「変化」を、
いや、変わらないことはもう嫌と言うほど知っていて、
それでも何かを変えようとしているような、
そんな思いを感じることが多いです。

あの声もいい。

Don Henley - Sunset Grill(Live@Tokyo 1989)
http://www.youtube.com/watch?v=1hnI6RkStxQ
「咲く」のを待ってもよかった
気になる木

更地の片隅に「執行猶予」。

お花がきれい

その「判決」がどれだけの人間の目を楽しませてくれているだろう。

花以降も樹が残りますように

次の地主さんも異議を申し立てないといいなぁ…。

と思うのでした

悪いことをしたわけではないのに、
「執行猶予」っていうのはおかしいか。

根本から切ってしまえば、
この風景を知っている人の記憶のなか以外、
ここには何もなかったことになる。

その記憶のなかの風景も次第に薄れていく。

地主でもない私が決められるわけでもない。

でも、例年通りに咲いている花を見ていると、
やっぱりもったいないなぁと思う。

感傷的と言われるかもしれないが。

ここまで育てるのは時間がかかるのだ…。