FC2ブログ
twitterログです。
思いを抱えて
2007.02.06生目の杜

今日、甲府と徳島のTMを見ていてあらためて感じた。
サッカーというのは、やっぱり心動くスポーツだと。

「アビスパ福岡」に関しては、
個人的には、正直、複雑な思いが深まる一方ですが…。

明日の、「リトバルスキーアビスパ」のTM。
とにかくまずはシーガイアまで行って参ります。
片岡功二@徳島
片岡功二@徳島

片岡を見ずしての、片岡功二@徳島。
今年はどんなプレイを見せてくれるのだろうか。
今日もその動きを見ながら、敵ながら楽しみでもあり。

余談ですが、徳島(17番)に指示出しがすごい選手がいて、
かつて雁の巣で、家長に指示出ししていた丹羽@G大阪のようだ、
と思ってホテルに戻って確認したら、まさに、でした(笑)。
小山拓土@徳島
小山拓土@徳島

3度目のチャンスだったかな?
ゴールを決めた小山拓土@徳島。

小柄ながら、なかなか面白そうな選手だ。
長谷川太郎@甲府
長谷川太郎@甲府

今日のTMで、まずその動きが目に止まった選手。

こと決定力という点では、
バレーがいるのといないのとでは、
やはり違ってくるとは思いますが…。

繋げていくものはあるか。
2006.02.19

2006.02.19

ホベルトの「姿」は本当にたくさんある。
どれを選んでもどれもやっぱり「ホベルト」だ。

水谷、千代、そしてホベルト。
大事なセンターラインがいなくなった。

J1であろうとJ2であろうと、
「ここ」を失ってはたたかえないと思ってきた。
ここがこのチームの要だとずっと思ってきた。

もちろんそれはあくまで個人の考えに過ぎないが。


選手、フロント、スタッフ、職員。

そこに所属する人間が変わっても変わらない、
「アビスパ福岡らしさ」とは何だろう。
それがずっと継承されていかない限りは、
月日を単に積み重ねても、「歴史」にはならない。

個々の理由も重要だが、
描く将来像の何に向かってそうしたのか。
できるならそれが聞きたい。

いつもそれが聞きたかった。