FC2ブログ
twitterログです。
ありがとう、ホベルト。
2007.02.11@福岡空港

福岡空港に、ホベルトを見送りに行ってきました。
今日のホベルトは、なんだか映画俳優のようでした。

2007.02.11@福岡空港

私も「言葉」を書かせていただきました。
何と書いたらいいか、必死にさがしたけれど、
書いた言葉では、思いの一部も、伝えられなかったかもしれない…。

2007.02.11@福岡空港

いったい誰?と周囲の人は思ったことでしょう(笑)。
「アビスパ福岡で、こんなに皆に愛された選手です」
本当に多くの人がホベルトの見送りに来ていました。

2007.02.11@福岡空港

ホベルトが皆に向かって撒いた、
直筆サイン入りのマッチデーカード。

見送る人の輪を後ろのほうの位置で見ていたので、
残念ながら、このカードを拾うことはできなかったけれど、
撒かれた瞬間、全てがスローモーションのように見えた。

ホベルトが撒いてくれた、少し早い花吹雪のようでした。
「費用」対「効果」。お得感も大事です。
SUNQパス

宮崎鹿児島、4泊5日。腰が痛いです(哀)。
体あってのプロスポーツプレイヤー。無事是名馬。
移動は、胃腸(特に腸)が弱いとやはりダメっぽい…。
なんとか復活を試みる週末です。

ホベルトは明日行ってしまうのですね…。
2007.02.09 TM 清水×東京V@鹿児島ふれあい
2007.02.09 TM 清水エスパルス×東京ヴェルディ1969@鹿児島ふれあい

長谷川健太。少しずつ監督然としてきましたね。

2007.02.09 TM 清水エスパルス×東京ヴェルディ1969@鹿児島ふれあい

土屋と名波。ええと、私が石油王ならば、もっと前に獲…。
あ、それだけじゃ無理か(笑)。

2007.02.09 TM 清水エスパルス×東京ヴェルディ1969@鹿児島ふれあい

オールキャスト(全てではないですが)でございます!

2007.02.09 TM 清水エスパルス×東京ヴェルディ1969@鹿児島ふれあい

伊東輝悦と藤本淳吾。
清水にとって、今年もテルのいぶし銀が活きることが実はなによりかも。

2007.02.09 TM 清水エスパルス×東京ヴェルディ1969@鹿児島ふれあい

そして、7番名波もどっこい生きてる。

さて、J2ではどんな「旋風」を巻き起こしますか。

試合前、監督としての彼の話(しかた)も拝聴しておりましたが、
ラモスの存在は、このチームにどう影響するのかなとあらためて…。
2007.02.08 TM 横浜F・マリノス×アビスパ福岡@シーガイア
2007.02.08 TM 横浜F・マリノス×アビスパ福岡@シーガイア

試合前のアップの様子。

2007.02.08 TM 横浜F・マリノス×アビスパ福岡@シーガイア

キックオフ前の気合い入れ。

2007.02.08 TM 横浜F・マリノス×アビスパ福岡@シーガイア

試合中。
福岡に、そして今に限ったことではないが、
もう1つ2つ前のタイミングでのシュートが欲しい。
個々の技術に関して相手が上の場合は、余計に。
ゴールが決まらなくてもこぼれが狙える。


2007.02.08 TM 横浜F・マリノス×アビスパ福岡@シーガイア

試合後の監督インタビュー。


思いを抱えて
2007.02.06生目の杜

今日、甲府と徳島のTMを見ていてあらためて感じた。
サッカーというのは、やっぱり心動くスポーツだと。

「アビスパ福岡」に関しては、
個人的には、正直、複雑な思いが深まる一方ですが…。

明日の、「リトバルスキーアビスパ」のTM。
とにかくまずはシーガイアまで行って参ります。
片岡功二@徳島
片岡功二@徳島

片岡を見ずしての、片岡功二@徳島。
今年はどんなプレイを見せてくれるのだろうか。
今日もその動きを見ながら、敵ながら楽しみでもあり。

余談ですが、徳島(17番)に指示出しがすごい選手がいて、
かつて雁の巣で、家長に指示出ししていた丹羽@G大阪のようだ、
と思ってホテルに戻って確認したら、まさに、でした(笑)。
小山拓土@徳島
小山拓土@徳島

3度目のチャンスだったかな?
ゴールを決めた小山拓土@徳島。

小柄ながら、なかなか面白そうな選手だ。
長谷川太郎@甲府
長谷川太郎@甲府

今日のTMで、まずその動きが目に止まった選手。

こと決定力という点では、
バレーがいるのといないのとでは、
やはり違ってくるとは思いますが…。

繋げていくものはあるか。
2006.02.19

2006.02.19

ホベルトの「姿」は本当にたくさんある。
どれを選んでもどれもやっぱり「ホベルト」だ。

水谷、千代、そしてホベルト。
大事なセンターラインがいなくなった。

J1であろうとJ2であろうと、
「ここ」を失ってはたたかえないと思ってきた。
ここがこのチームの要だとずっと思ってきた。

もちろんそれはあくまで個人の考えに過ぎないが。


選手、フロント、スタッフ、職員。

そこに所属する人間が変わっても変わらない、
「アビスパ福岡らしさ」とは何だろう。
それがずっと継承されていかない限りは、
月日を単に積み重ねても、「歴史」にはならない。

個々の理由も重要だが、
描く将来像の何に向かってそうしたのか。
できるならそれが聞きたい。

いつもそれが聞きたかった。
地元パンやけ食い
ミカエル堂@宮崎

次への明確なビジョンのもとに、全てが行われているならば、
そして、そのための準備が着実になされているのであれば…。

そういう話を持ち出すのは、とりあえずもうやめておきましょうか…。
そしてホベルトも
2007.02.06古賀誠史@生目の杜

別メで走る古賀誠史に、何かを尋ねたくなる衝動を抑えつつ…。

http://kyusyu.nikkansports.com/soccer/jleague/avispa/f-ka-tp0-20070206-152689.html
福岡MFホベルトが退団
 ホベルトは広報を通じて「アビスパ福岡での3年間を振り返ってみると、たくさんの良い思い出があります。私はサポーターの期待に応えるよう常に頑張り、アビスパのため、家族のために全力で戦ってきました。サポーターの皆さん、どうかアビスパ福岡がJ1に復帰できるよう支えてください」とコメントした。
正直な思い
2007.02.05徳島ヴォルティス×鹿屋体育大学

ああ、そういえば去年はここでやっていたんだよなぁ…。
なんだかすごく長い年月が流れたような気がする…。

そんな私の気持ち、わかってください…(by因幡晃)
おそらく最後の「原風景」
2007.02.05運動公園駅

宮崎総合運動公園駅からの夕景。
ここ数年、年にこの季節だけ見られる、
私にとっての大事な「原風景」です。

今回の宮崎行きでは、運動公園訪問は今日だけ。
きっと今年最後。もしかしたら、これが最後かも…。
切なさがぐっと胸にこみ上げてきました。

今まで素敵な風景と思い出をどうもありがとう。
瞳を閉じて
カラスの子

今朝、久々に泣きながら起きた。
起きる間際にみていた夢のせいでした。

ずっとお礼を言えないままで、
まもなく9年になろうとしている上司がいます。
その上司の足跡をたどる夢をみていたのでした。

上司との仕事を離れてからの時間=福岡での生活。

福岡での生活を考えることは、それ以前を考えることにもなり、
それは間違いなく、上司との仕事の日々を反芻することになる。

「なくしたものを超える強さ」は、
きっと毎日を生きながら自分で感じていくもの。

「手紙を入れたガラスびん」は、
まず言葉を丁寧に探して手紙を書かないと…。

ははは。

いつも以上にカラスの勝手でしょうかな(笑)。
キャンプランド南部九州
運動公園の猫1


3年前の猫@宮崎総合運動公園。まだ元気でいるかな…。

運動公園の猫2


2004.02.08の清水エスパルス@国分キャンプでの石崎さん。
今年、国分には行かないけど、石さんはここにいるんだな…。


2004.02.08国分

れんげ

鈴木君枝アナウンサー。

そのキャラクターが好きで、同い年ということもあり、
ずっと応援していた同性のアナウンサーのひとりだった。

「所さんの目がテン!」は、その内容もさることながら、
所ジョージ&彼女の掛け合い(笑)が楽しみで毎週見ていた。

今朝訃報を目にした。

彼女自身の選択。また淋しくなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070203-00000122-sph-ent
日テレアナウンサー大杉さん自殺か…マンション8階から転落
20年経て
スーパーDJ!

「SURF&SNOW」と言えば、
ユーミンを思い浮かべる人が多いでしょうか。

松宮一彦。
ザベストテンの追っかけマンもやっていましたが、
私にとっては、TBSラジオの「スーパーDJ」。
「SURF&SNOW」は、彼の代表的なプログラムでした。

http://www.geocities.jp/tbs_radio_surf_and_snow/history1.html

自然とリクエストはがきを出すようになって、
偶然にも次第に読んでもらえるようになって…。
やはり洋楽やオフコースとかが多かったかなぁ(笑)。

音楽そのもの、そして現場にこだわる姿勢。
どのアーティストにも、常に真摯な態度で接する姿勢。
私が、音楽やラジオに携わる仕事がしたいと思ったのは、
松宮さんの存在もとても大きかった。

松宮さんの、音楽を選ぶ基準である「新旧洋邦問わず」は、
就職活動時の履歴書の趣味欄、「音楽鑑賞」のあとに使わせてもらいました。


このサインをいただいたのは、新卒で入社した会社に、
松宮さんが「ナレーション」の仕事で来ていたときのこと。
その部署の同期の仲間が、私がファンだと知っていて、
(私の)名前も入れてのサインを頼んでくれたのだった。

その松宮さんは、1999年9月27日、自ら命を絶った。
事件後の報道で、彼に関するいろいろな話を耳にしたが、
私にとっては、それで何かが失われるわけでもなかった。

サインのなかの日付は1987年2月25日。
あれからまもなく20年の月日が流れようとしている。

夢も目指すものもいろいろあった、
当時23歳だった自分の、あの頃の未来に、
今、自分は、立っているだろうか…。

「夜空ノムコウ」の歌詞のようなものを、
ふとつぶやいてみる。
「御前崎市」のあと
干しいも@遠州産


普通に「いけしんでん」と読めるであろうw同郷の先輩へ。

少し遅れちゃいましたけど、

お誕生日おめでとうございます!

ネット上ながらとてもいい笑顔で、なんだかほっとしました(笑)。

あ、先輩と言っても、三ヶ月も違わないんですけどw
「電気」の力も、「人」の力あって
雪@あじさい

「東電スタ」じゃあ、東京電力になっちゃうなぁと思ったら、

略称 東北電力スタジアムまたは東北電力ビッグスワン
(さらに短い略称が必要な場合「東北電ス」)


ホグスタ」という噂もありますが、どういう呼び名が馴染むかな。

http://www.jsgoal.jp/club/00043000/00043811.html
ホームスタジアム『新潟スタジアム』 名称変更のお知らせ

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20070201-00000128-jij-spo.html
新名称は「東北電力ビッグスワン」=新潟スタジアムの命名権取得
「…契約期間は今年3月から3年間。東北電力は年間1億2000万円の命名権料を県に支払う。同社の幕田圭一会長は「スタジアムは年間100万人の入場者があり、経済効果がかなり期待できる」と話した。」
2月はじめのひとりごと
ユキヤナギの紅葉と開花

「『なぜ応援しとうと?』って思ってた」

福岡に来て8年。
このしつこく頑固な日常性慢性頭痛(哀)で、
ずっとお世話になっている医師に普通に言われた。

彼は、特にここ数年、息子さんたちとともに、
熱狂的なアビスパ福岡サポーターになっている。

確かに私は福岡出身じゃないけど、
そういうチームだったです。そう答えた。
少なくとも私にとっては、そういうサッカーだった。
すごく大げさに聞こえるかもしれないけど、
私の福岡人としてのアイデンティティーだったって。

わかるよ、と医師はその言葉を字義通り受けてくれた。
おれは、アビスパ(と代表)しか見ないっちゃけんと、
ちょっとだけ笑いながら。

仙台も甲府も山形も鳥栖も清水も神戸も新潟も札幌も、
J1もJ2も、興味あるサッカーチームなら見てみたい。
正直、今はそういう気持ちなのだから、そこから逃げたくない。
単なるサッカー好きでもいいじゃないか(笑)。

皆と同じであらねばならないっていうは大の苦手なくせに>自分(笑)。
逃げたらあかんってば。


あ、肝心の頭痛のほうは中の問題ではなさそうだけど…。
毎日ダウン…
しろつめくさ

情けないのですが、昨晩も頭痛が悪化し動けなくなりました。
クスリも効かない、痛みで寝付けない、あーどうしようもない…。
というわけで落ち着いたのだ午前3時…。もう2月になっとった…。
今日は福岡では、平地でも雪だそうで…。

こういうときも晴れの予報の宮崎。キャンプ地納得です…。

はよう調子戻さねば…。