FC2ブログ
twitterログです。
人こそ財産
ボッグセージの花


昨日、家族が腹腔鏡下胆石摘出術を受けました。しかし、術後、血液の数値がなかなか快方に向かわず、その後も入院で絶食点滴が続いています。

こういうとき、お隣りやお知り合いが声をかけて下さるのは、本当にありがたいです。故郷から離れていても、決して一人ではないことを、あらためて実感しています。
幼稚園の壁

永くお気に入りの俳優である、大高洋夫さん。

 突然なぜ思い出したかと言うと、
 「春にして君と別れ」という洋画を検索していて、
 出てきたのが第三舞台の同様の公演名だったから(笑)。
 (しかも大高さんは出てないのですが…)


あらためて経歴を見れば、あー新潟出身でしたか(汗)。
劇場では、「ファントムペイン」(2001)で見たのが最後。
http://www.thirdstage.com/dsbt/phantompain/index.html

この「ファントム・ペイン」を最後に『10年封印』状態に入った第三舞台。
10年、長いなぁ…と思ったけれど、今を基点にすればもう6年目。

「ファントムペイン」とは、事故などで腕や足を失った人が、
その失ったはずの部位に何らかの感覚を感じる症状のこと。幻肢痛。


生きている限り、これまでも、これからも、
この痛みを感じていくことになるのでしょうね…。

http://www.thirdstage.com/dsbt/step6.html
鴻上さんの最後の言葉を借りるなら、
お互いが生き延びていたら、またいつかここで会いましょう。


写真は幼稚園の壁に園児たちによって描かれた手。
送り出す拍手にも、迎える拍手にも見えるような気がします。

こういう『再会』もまたいい。
http://www.jsgoal.jp/club/00042000/00042921.html
薮田光教選手移籍加入のお知らせ
地元に戻ってこれたことは、自分にとって最大の力になります。横浜FC設立一年目、声をかけてもらい、JFLの大事な一年を過ごしました。だからこそ、今の自分があると思っています。 …」