FC2ブログ
twitterログです。
育てるということ
2006.03.28清水フェス

http://www.jsgoal.jp/news/00042000/00042859.html
【第85回高校サッカー:2回戦 静岡学園vs佐賀東】
試合終了後の井田勝通監督(静岡学園)コメント 

「 …追いついてからはずっと攻め続け、後半になるほどうちのペースになった。1年間、フィジカルを鍛えたことがよかった。とくに3点目が大きい。2-1で終わるのと3-1で終わるのとではかなり違うので。最後まで諦めずに自分の仕事をすることが今年のテーマ。 … 」

http://www.jsgoal.jp/news/00042000/00042839.html
【第85回高校サッカー:2回戦 滝川第二vs武南】
試合終了後の黒田和生監督(滝川第二)コメント 

「… 2点目ですね。みんなが見送った形で。あれは痛かった。立派なのは相手が3点目を取るチームだったということ。コーナーでキープするのかと思いましたが、3点目を取りに来ましたね。(試合後のロッカーでは)今年は本当に頑張って(高円宮杯で)優勝してくれた。しっかりやってくれて、感謝するだけの気持ちです。それは学校に対しても兵庫県もそうですが、感謝だけです。 …」


偶然にも、3点目の意味のお話が…。

細部はそれぞれですが、高校生を指導する指揮官たちの言葉には、根底に「(人を)育てる」という意識が強く感じられます。Jの監督のコメントを読むのも興味深いですが、それ以上に、「高校サッカーの監督の言葉」を読むのはおもしろい。全文、いや映像で全てを見られたらいいのになぁと思います。

ユースも、考えようによっては(考えてみれば)Jそのものも同じなんですが(笑)。

☆画像は、2006.03.28 神戸ユース×国見@清水フェス
振り向かず 俯かず
2006.03.28清水フェス

http://www.jsgoal.jp/2006hsst/schedule/

静岡県代表は、
佐賀県代表との対戦が多いような…。
そして負けてるような…(汗)。

高校サッカーは私にとってサッカーの原点。
どの試合を見ても、興味深いし面白いですね。

☆学園、なんとか初戦突破したようで…。