日記以上にはなりません。
何もかもが新しい、はず
2006.02.08宮崎


2006.02.08宮崎キャンプ。

今年からは、生目の杜。時だけでなく場所も違う。
人も違えば吹く風も違う。当たり前田のクラッカーだ。
考えてみれば、一つとして同じものはない。

急病などなければ、週明けから宮崎駅付近に宿泊。
運動公園、生目の杜、てるは、シーガイアと転々予定。
往復高速バス利用。復路最後は鹿児島から天神。

さぁ、体もちますか…。
「質問出前します」
待っている犬

ねえねえ、早く帰って考えようよ。
聞きたい人、聞きたいこといっぱいあって困っちゃう(笑)。
http://www.jsgoal.jp/special/2007enquete/
思いっきり…
イチョウの樹

ノロっぽい症状襲来か!?の昨晩。

午前3時過ぎになんとか復活の兆し…。
どうやら、お腹の調子悪の酷いバージョン、
だったようで…とりあえずひと安心…。

選手も見学者も、体あっての…キャンプ(汗)。

今日の福岡、気温13℃になるらしいですが、
風が強いですよ…。ヒューヒュー泣いています。
詰め込みで本番に臨むと…
チューリップ

札幌、福岡、甲府、徳島、横浜F・マリ、東京ヴェルディ、清水…。
対戦を中心にするとして、これだけなんとか見られるか…。ううむ…。
福岡、今日も寒い…。宮崎も晴れるけど寒いんだよなぁ…。
「見たさ」もいっぱい、ながら
もーれつ

さて、来月のキャンプですが…。

突然の家族の入院で具体化が遅れ、未だ検討中です。
ここ数年、宮崎行きは年一の楽しみになりつつあったけれど、
アビスパ福岡は今年からホークスと一緒の所でかなり混みそうだし、
この際だから、他チームキャンプを渡り歩こうか…と思うものの、
公共交通機関利用者としては中途半端な距離も多く限界もある。
資金的体調的にも、なかなか難しそう。

「締めくくりは帰省を兼ねたJ-STEP」を念頭(予定)に、
いろいろと計画を練る週末です。
雨降っても、地、少しずつ固まって、かな。
雨の紅梅

いろいろな経験をされてきた間瀬さんに期待。

あのマセタン、通訳からコーチか。
どこかで似たようなケースを聞いたことが…。

http://www.nikkansports.com/soccer/p-sc-tp0-20070127-147701.html
千葉の通訳の間瀬氏がコーチ昇格
本当の強さ
カラスウリ

防災メール・まもるくん防災情報によれば、
福岡地方に「暴風警報」が発令されたとのこと。
ようやくなんだか冬っぽくなってきました。

昼間見た、カラスウリと思われるこの実は、
これからの強風にかなり揺られまくりながらも、
また何もなかったように、普通にあるんだろうなぁ…。

一見目立たないかもしれないけれど、
そして、きっとわかりにくいんだろうけど、
こういう強さこそが欲しいなぁ…。

もう本当にいろいろな意味で…。

http://www.jsgoal.jp/photo/00020400/00020448.html
千葉 2007シーズン新加入選手記者会見
新居も、そして昇平も強くなれ。
幸せ祈る 言葉の代わりに
切られても切られても

忘れな草ではなく、
この新しい「息吹」の生命力の凄さを。

ワクワクしてくるスケジュール発表。
机上の空論、お財布と相談、体調と相談。
さて、今年は何処の空の下かなぁ…。

http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=all&d=news&t=monthly&m=03&y=2007&aname=20070303
2007 J1J2スケジュール
いつかどこかで
2005.10.23vsサガン鳥栖@博多の森

2005.10.23 
アビスパ福岡vsサガン鳥栖@博多の森。
岸野さんと言えば、このときのイメージが強い。

そして15ヶ月後の昨日(2007.01.23)。

2007.01.23鳥栖市陸


中島みゆきの「時代」の歌詞が脳内をゆっくりと巡る。
そういえば、最初に聴いたのはまだ小学生だったなぁ。
振り返ってみれば、ずいぶん時が経ったものだ。

ああ、昔、同じようなことを親が話していたっけ。
時の流れには抗えないものなのか…。
福岡で浜名湖の文字を見る
元気出したい

実は、静岡出身ながら、うなぎが苦手です。
うなぎパイならもう何枚でも食べられるんですが。
あ、アナゴまではなんとかギリギリセーフなんですが。
やっぱり「元気に育つ」ときは、これですかねぇ(笑)。

しかし、福岡市は南区大橋付近の魚屋さんで、
「浜名湖」の文字を見るというのもなんだか嬉しい。
うなぎではなく、潮干狩りの思い出がよみがえってきます。
自問自答中…
静注ブドウ糖

考えすぎたら動けない。
でも考えずに動いていたわけではない。
しかし今、雁の巣が、はてしなく遠い。

出口のないトンネルみたいなものだろうか。
いや、夢から覚めた、ということなのだろうか。
本題の中身向上もよろしく
カラフル

http://news.livedoor.com/article/detail/2992722/
全審判員着用の新ウエアを発表 機能性がアップ
「高い」が実は「近い」
サガン鳥栖練習風景

鹿児島本線を南に下った。
漠然とした目的地はあったが、
予定は未定であって決定ではない(笑)。

鳥栖で降りて歩いた(かなり)。
いつぞやサテライトの試合で来て以来。
そして、また同じように迷った(笑)。

岸野さんがいた。吉永さんがいた。村主も宮原もいた。
午前練の終盤しか見られなかったが、笑顔と若さがあった。

雁の巣よりも「高い」けれど「近い」鳥栖市陸。
今年は多くのサッカースタイルを見てみたい。
それぐらいサッカーというのはおもしろいです。
アサガオの種

http://www.shizuokaonline.com/sports/soccer/shimizu_topics/20070121181150.htm
沢登氏が引退記念試合 「ドーハ組」や清水OB一堂


実家の妹と母が現地に行っておりました。

この試合の意味合いもあってですが、
ワンプレイワンプレイ、とても楽しめたようです。

余談ですが、読売系の人、特にラモスやカズは、
こういう場の盛り上げかたをよく心得ていたとのこと。
性格もさることながら場数も踏んでいますしね。
プレイスタイルの好みは別として、これも大事だなぁと。

 真面目な人ばかりだとやっぱり盛り上がらないのもまた現実…。

花が咲いたあとには種ができ、種からは芽が出る。
日本サッカーにも、Jリーグにも、期待しています。
渡りの季節
那珂川の鳥たち

鳥たちがいっぱいいる那珂川@塩原付近。
この時期の日中にこうして鳥を撮りに来るのは、
なんだかとても久しぶりのような気がします。
「雁の営巣地」に通っていたはずなのになぁ(笑)。

諸般の事情で、2月の半ばは清水にいるかもしれません。
宮崎or鹿児島経由(笑)で、J-STEPというコースかな。
なんだか自分も渡り鳥のような…。

http://soccer.phew.homeip.net/camp/?team=&m=2
2007.2月、各チームのキャンプスケジュール
「何処も同じ」か
冬の犬2

今年のJ2は、いろいろな意味で本当に厳しそうだ。
贔屓チームが特にない人には、とても面白そうだけど。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/01/21/06.html
早期解任も!ラモス監督 背水開幕
支える力
キョウチクトウ

松本さんに岸野さん、そして、吉永さん。

新居は離れたけれど、
それでも今年の、いや、これからの鳥栖の歩み、
個人的にはとても楽しみです。
祈りてんこもり
警固神社

これまた通院(哀)帰りに立ち寄った警固神社。
梅の花はギリギリまだ咲いてはいなかったけれど、
お正月以降のたくさんの思いがたわわに…。
梅の花(枝か)も重責を担ってます(笑)。

Win-Win関係
ヒヤシンス


ちょっと混み混みなので、とりあえず花が咲いたら、
来季以降の為にもしっかり植え替える必要がありますが、
日々成長を楽しめ、さらに開花を楽しめるのはいいですね。
これもある意味、「Win-Win関係」かも。

http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=2946
07.01.19 浦和レッズトップパートナー・新ユニホームについて
心のままに行け
ラベンダーの種類

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070118/index.html

浦沢直樹。

遅めかな?「MASTER キートン」から読んでいます。
新作が出ると必ず読みたくなる、数少ない漫画家。

個人的には、あとは井上雄彦だけでしょうかね(笑)。

http://blog.livedoor.jp/santosei/archives/2005-12.html#20051211
「90点」でも「1点」でも
http://blog.goo.ne.jp/santosei3/e/1446ff23ee3433617dc13226de8aae59
深夜のひとりごと&朝のひとりごと
充電用のコンセント
見据えるクロネコ

大事な友人からはがきを受け取った。
その最後は、こうだった。

「…普通にもっていくのにエネルギー使いすぎのような 
充電するにも コンセントがみつからない」

私も同じです。

私の場合、さすがに今回は探しても徒労に終わると思いながらも…。

こういうときは、動物と語るとよさそうですよ。
犬もいいけど、この場合は猫のほうがよりいいかも。

で、にらめっこ用?の今日の猫を置いておきます。
画像をクリックしてみてください。大きくなります。
かっこよすぎやねん
2005.02.11宮崎キャンプ

もっと素敵な表情や、笑った表情の画像もあったけれど、
2005年2月、宮崎キャンプでのインタビュー時の画像を選びました。

柏レイソルの岡山一成。
そして、川崎フロンターレというクラブ。
もうかっこよすぎ(笑)。

両者とも、今年、さらなる活躍を期待しています。

http://www.frontale.co.jp/diary/index.html
2007 年 01月 16日の日記 「岡山一成です。」
来年、また小瀬で
甲府駅

「せっかく上がったんだから福岡も甲府も残らないとね」
昨年、小瀬から甲府駅まで乗せてくれたタクシーの運転手さん。

今年は本来の意味で正念場だけど、エールを送ります。

http://www.ventforet.co.jp/information/pressrelease/p07_01.html#1_16_1
1/16 「2007ユニフォーム・練習着スポンサー契約締結」のお知らせ
家宝は寝て待て
春を待つ

家族が退院後、初の外来通院。
といっても、当該科ではなく併発した皮膚科と眼科。
しばらくは落ち着かない日が続きそう。

雁の巣もキャンプも行かずのまま、時は流れ。
カマキリの卵のなかに紛れて寝て待ちますか。


誰でも最初は「(今期)1年生」なんだけど…。
各チーム新体制の記者会見出てますね。
いつにも増して、J1もJ2も面白そうです。
http://www.jsgoal.jp/

毎度ですが、川崎の、本当にうらやましいなぁ…。 
http://www.jsgoal.jp/news/00043000/00043220.html
さむいねぇ~
猫@自販機

ここは少しあったかいよ。
からだもこころもあったかくしとかないとね。
東風吹かば…
紅梅

温度差にやられて体調を崩すことがあるように、
それを大きく広げた意味での「相似形」にやられて、
心身のバランスを崩すこともある。

東風吹かば…。

「大事なもの」
舗装道路の雑草1

JR春日駅付近の道路。
雑草は、生き抜くために必要な場所を、
本当によく知っているなぁと思う。

今日に限ったことではないが、
一人、思わず感心することしきり。
なんとなくいい感じ
白い八重ツバキ

アルビレックス新潟の補強。

まぁ、あの鈴木淳さんだしなぁ。
新潟のサポーターのみなさんの反応を読んでいると、
移籍してくる選手に対しておおむねウェルカムな様子。
基礎をしっかり固めていくクラブとしては「いい感じ」。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/01/14/01.html
坂本は新潟移籍決断…千葉崩壊危機
「…一方で、昨年12月初めに新潟からオファーを受け、鈴木監督に「チームを引っ張ってほしい」と口説かれた。残留を願う600人のファンの署名を見た時は「涙があふれた」と悩んだが、やはり「自分をどれだけ必要としてくれるか」を考え、最終的に移籍を決めた。…」
夢をひとつだけ
2006.02.11宮崎

2006.02.11宮崎キャンプ。

この写真からまもなく1年。

今年の宮崎キャンプの日程が出ていた。
ここのところ、恒例となった感のある宮崎行きも、
今年は諸般の事情で、おそらく行くことはないと思うが、
あの樹もあの店も、変わらずにそこにあるんだろうなと思うと、
何とも懐かしい気持ちになってくる。

それでも、別れの時は来る。それもまた人生。