FC2ブログ
twitterログです。
「看板」に偽りなし
2006.12.23鹿島アントラーズvs清水エスパルス@KKウイング


いつ頃からか、Jリーグの移籍市場は「活発」になった。というか何でもありになったのかな(笑)。Jリーグ初期に入団しそのチームの主力にまでなった選手の移籍も多く見られるようになった。その一方で、「このチームにはこの選手」という看板選手は減った。

10年ぐらい在籍する選手がいるような育成型のチーム。
夢物語かもしれないが、それはある意味一つの理想でもある。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006122800169&genre=L1&area=K00
森岡隆三を獲得  京都サンガ DF陣強化へ
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006122700087&genre=L1&area=K00
サンガ、名古屋・秋田を獲得  元日本代表のDF
毒にも薬にもならないこと
ツバキの花

「毒にも薬にもならないことはしたくない」

2006年12月17日に亡くなった岸田今日子さんが、生前のインタビューでそう話す姿を何度か見た。その当時、もう70歳近かっただろうか。その言葉がその言葉の持つ意味通りに心に響いたのは、彼女のこれまでの姿がまさにそれを証明していると感じたからである。検索してみると、同じように感じた人は他にもいたようで、わかって(ばれて)しまうものだなぁと痛感する。

特に歳とるとごまかせなくなってくるんだよなぁ…。
若いうちからなんとかすればなんとかなるんだけど、
その「若いうち」は、なかなか気付けないわけで…