FC2ブログ
twitterログです。
時を見方につけて
木の実

ちいさくとも みのりはいいな 
つみかさねた ときのあかしだな

「みつを」的?(相田さん、すみません)、
いや「裸の大将」的?(山下さん、すみません)かな…。

契約して14年になる生保に余命6ヶ月告知での生前給付がようやく付加できるという通知を受けたのでその手続きに出かける。天神の生保のオフィスの会議室で、初対面の営業担当者男女二人を前に(毎度)話しに話す。というのも大学のゼミが保険関係だったので保険はちと詳しかったりします。が、そのうち話はなぜかサッカー話へ…。担当の男性が桐蔭出身だったこともあり、また語りに語り(私が(汗))。

12月とは思えない街の匂い。クリスマスもお正月も、その「重さ」を少しずつ、でも確かに減らしていっているような気がします。

積み重ねた時間は、非情なほど正直に、その結果を表に出します。卑近な例では、受験でも虫歯でも体重でも(汗)。無理な急ぎ足で一足飛びに行こうとしないこと。時を味方に付けるにはそれが大事。
アビスパ福岡の行方は
つぼみ

福岡の地元メディアのかたがた。
アビスパ福岡の「これから」にとっては、
降格決定直後のみならず、検証の継続が大事なのでは…。

春には「可能性のつぼみ」がたくさんつきますように。


ベガルタの行方 岐路に立つ経営

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/spe20061222_kiro.htm
(1)大勝負のつけ 補強実らず膨らむ赤字
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/spe20061223_kiro.htm
(2)苦悩の始まり 甘い見通し今も足かせ
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/spe20061224_kiro.htm
(3)「身の丈」続かず 昇格で一気に規模拡大
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/spe20061225_kiro.htm
(4)札幌の模索 幅広い「支援」求め努力

http://www.kahoku.co.jp/spe/spe106/news_spe/spe20061226_kiro.htm
(5)福岡の明暗 30億円減資も残留失敗