FC2ブログ
twitterログです。
7年後の春
マッチデイプログラム 2000. Vol.1

川崎で思い出したのが最近ふと見つけた(家の中で(汗))、2000.03.11vs川崎フロンターレ@博多の森のマッチデイプログラム。この年のホーム開幕戦だ。菊川総監督、ピッコリ監督時代。川崎はゼッカ監督。選手一覧には、2年目の我那覇の名前が見える。7年後の来年3月に向けて、アビスパ福岡はどんなチームになっていくのだろうか。
http://www.avispa.co.jp/html/rfile/past000311.html
あれから2年も このさき2年も
2005,02.15 TM vs川崎フロンターレ@宮崎


2005,02.15 TM vs川崎フロンターレ@宮崎

カーザの写真を探しつつ、遡っていったら、ケンゴーっぽいのが…。
今日付のフロンターレ日記で、献血キャンペーン姿を見ながら、
「成長」したなぁ…としみじみ。
(http://www.frontale.co.jp/diary/index.html)

2年も経ってない…いや、2年近く経ったのか…。
「参考」資料
http://www.j-league.or.jp/aboutj/katsudo/2006kansensha.pdf
2006 Jリーグ スタジアム観戦者 調査報告書

居住地のところを興味深く見た。
福岡は、「活動地域外」からの観戦者の%が、
札幌(北海道)に次いで二番目に低い。
そして、鳥栖のところを見てみると…。

観戦動機のところでも、
他クラブとの違い、昨年との違いが、
顕著に見えているようで…。
気かつけばクリスマス
山下達郎1981,1982コンサートチケット


この時期、街で流れているメロディの定番としては…。

山下達郎「クリスマス・イブ」

1983年のアルバム「Melodies」に収録された曲ですが、同年12月14日、12インチピクチャーレコード(限定盤)としてシングルカットされ、当時はオリコンシングルチャート44位。私の数少ない自慢の一つはこの、「12インチピクチャーレコード(限定盤)」を持っていること。「Melodies」を買ったときに、一聞き惚れして速攻で買ったのでした。間奏がパッヘルベルのカノンをモチーフに作られているのは有名。ずーっと前、サウンドストリート@NHK-FMで本人が「パクリなんです(笑)」と話しながら、「元」(?)のほうをかけていました。

とはいえ(笑)この曲もまた、彼の音楽への真摯すぎるほど真摯な姿勢がよくわかる一曲。今聞いても古さの類を全く感じないのはやはりさすがです。