FC2ブログ
twitterログです。
生き急がずとも
紅葉


行かずにいると東区は遠い。ましてや雁の巣は本当に遠い…。

選手たちの表情が気にはなるものの、個人的には、試合という対象のない練習を見るのも、うーん…という感じなので、用事を片付けることにする。延ばしに延ばしてきた年賀状書きとか…(汗)。ナビスコ杯の組み合わせの発表を見て、去年、なんだかすごい組みに入っちゃったなぁと言っていたのを思い出した。そうか、来年はないんだな…。何度も対戦した浦和とも対戦しないのか…。

今年もあと12日。まだ紅葉がきれいな福岡です。
冬来たりなば春遠からじ
冬の空


実質、あと二ヶ月で、怒濤のようなあのJ2に突入。

http://www.asahi.com/sports/update/1219/114.html
J1とJ2、来季は3月3日開幕
Jリーグは19日、来季の開催時期を発表した。J1、J2とも3月3日に開幕し、12月1日に最終節を迎える。J1は、7月に日本代表が出場するアジアカップが行われるため、6月30日で中断し、8月11日に再開される。対戦カードは来年1月25日に発表される。
直球勝負
大毛蓼 (おおけたで)


561 :U-名無しさん :2006/12/19(火) 18:59:26
今の理事長って鹿から来た人だっけ??
今までの県主導で露骨にやる気がなかった状況から
ちょっと良くなるのかね

562 :U-名無しさん :2006/12/19(火) 19:00:57
これはいい文章だな。
こういうの見たらサポも頑張っちゃうよな。

563 :U-名無しさん :2006/12/19(火) 19:01:53
どんな組織でも、全てはトップ次第だからなあ。


アビスパ福岡も直球勝負でよろしくお願いします。
時が証明するもの
スズメバチの死骸

変異し耐性を持った「ウィルス」もいつか死滅する。しかしその後ろではさらにより強い「ウィルス」が生まれている。「多くの人たち」はそれに気付かない。たとえ気付いても気付かないふりをする。気付きを認識すれば自ら何もせずにいることに耐えられなくなるから。ウィルス以上に怖いのは、その「多くの人たち」の動向。煽動する者がいれば、災害後のパニックのようにひとたまりもない。マスコミのみならず、今の日本では、ありとあらゆる「場」にこの形が存在しているように見えて仕方がない。
スタートライン
グラウシオ@福岡空港


フロントの在りかたにはどこも泣かされる。
まず「場」を設けること。そしてお互いに話を聞くこと。
そこからしか始まらないような気がする。

http://www.verdy.co.jp/img/PDF/20061210.pdf
ヴェルディ・ラウンドテーブル2006 議事録

半年前、福岡空港でのグラウシオは、
今見ても、全て悟っているような表情だったなぁ…。
伏線
2006.06.05 倉田さんと布さん@雁の巣

信川さんのブログを拝見していてグラウシオを見送りに行ったときの写真を探そうと画像フォルダを見てふと目が止まった。2006.6.5の雁の巣。倉田さんが指導する最後の日だったか、いやそれは2,3日後か…。その後、アビスパ福岡の今期の鍵を握ることになった布さんと。この日二人は練習後に長い間話をしていた。